忍者ブログ
橋下徹知事による大阪府の博物館施設「見直し」に反対します。皆様の賛同をお願いいたします。
[17] [16] [11] [15] [13] [12] [10] [9] [6] [1] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

博物館問題について、これまでにいくつもの雑誌等で様々な議論、報告がなされています。主な記事を一覧にして紹介しておきます。

『考古学研究』54-4 2008年3月
  考古学研究会常任委員会「「大阪府知事への要望書」について」
『月刊 ミュゼ』84号
 2008年4月
  毛利和雄「大阪府の博物館統廃合案に反対あいつぐ」
『ヒストリア』210号
 2008年6月
  大阪歴史学会委員会 「大阪府の博物館の存続をめざして」
『考古学研究』55-1
 2008年7月 展望「大阪府の博物館「見直し」問題を考える」
  一瀬 和夫「大阪府の博物館の現状と課題―大阪府財政再建プログラム案の波の中で―」
  吉村 健「博学連携の現状と課題―弥生文化博物館のアンケートから―」
  虎間 麻実「池上曽根弥生学習館の来し方7年―大阪府池上曽根遺跡と弥生文化博物館との関係を通して―」
  広瀬 和雄「考古学研究と博物館―<快適環境づくり>と自治体・研究者の役割―」
『月刊 ミュゼ』85号 2008年7月
  一瀬 和夫「大阪府の博物館統廃合案はひとまず、見送りに」
『ヒストリア』211号 2008年9月 特集「大阪府の博物館を支援する会」主催シンポジウム
  苅谷俊介「歴史とロマンと博物館」
  多賀茂治「新しい博物館像をめざして-兵庫県立考古博物館の挑戦-」
  高田健一「歴史環境としての遺跡」
  向井幸一「博物館と学校教育のつながり」
  一瀬和夫「大阪府の博物館の建設推移-遺跡分類から見る-」
  福永伸哉「大きな役割を担ってほしい大阪府の博物館」
『日本遺跡学会会報』10号 2008年10月
  小川裕見子「大阪府の博物館問題の経過について」
『古代学研究』181号 2009年3月
  小川裕見子「大阪府立博物館の「見直し」の経過について」
『日本史研究』565号 2009年9月
  一瀬和夫「大阪府における博物館群の問題」
PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/08 小川 裕見子]
[06/20 あだち]
[03/05 小川裕見子]
[02/20 山中鹿次]
[02/17 一瀬和夫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索